01:認知療法とは?

私たちは成長するにつれ、 物事の捉え方にパターンが出来ます。 よくある例で 「コップに水が半分しか入ってない」 「コップに水が半分も入っている」 というのがありますよね。 コップの例と同じように、 私たちは様々な場面で、・・・

02:「認知療法とは?」の補足

認知療法は、 「心の健康を保つトレーニング」 とも言えます。 ここで大切なのは、 「心の健康を保つ≠心を強くする」 ということです。 心の弱さをなくすトレーニングではありません。 弱さと上手く付き合っていくためのトレーニ・・・

03:捉え方で気持ちの状態が決まる

悩んだりくよくよ心配することって、 誰にでもありますよね。 でももしかするとあたなは、 ”悪く考えすぎるクセ” が付いていませんか? 「悩んでてもしょうがない」 「ポジティブシンキングしなきゃ」 と思いながらも、 いつも・・・

04:人によって捉え方が異なるワケ

何かに対して浮かぶ思考やイメージを、 ”自動思考” と言います。 たとえば、 食べ物を見て「美味しそう」と思ったり、 明日は猛暑だと聞いて「嫌だなぁ」と思ったり、 そういうのが自動思考です。 つまり、 頭の中に自動で浮か・・・

05:”信念”について

”信念”とは、 自動思考よりももっと心の奥深くにある考えのことです。 この”信念”は、 自分にも自分以外にも、 強く一貫した考えを示します。 したがって、 「ちょっとやそっとでは変わらない考え」 といます。 信念は、自動・・・

06:プラス思考が必ずしも良いわけではない

世の中にはなんとなく、 「プラス思考は素晴らしい、 マイナス思考は止めよう」 みたいな空気がありますよね。 実際、自分でも 「こんな時、プラス思考でいられたらなぁ」 と思った経験のある方も多いと思います。 でも、必ずしも・・・

07:どうして心の苦しみが生まれるのか?

まず、ネガティブな例を いくつか書いてみますね。 「私は何の価値もない人間だ」 「世の中、不条理なことばっかりだ」 「恋人がウソばかりつく」 「今の職場、ストレスの原因だらけだ」 「みんな、自分の事をダサいと思ってるはず・・・

08:捉え方の幅を広げよう

前の方の記事で、 「マイナス思考もプラス思考も極端だ」 と書きました。 本来、物事はいろんな捉え方ができるものです。 なのに ネガティブやポジティブに限定して捉えるのは、 極端だということです。 つまり、 A=ネガティブ・・・

09:自動思考に気づく!

前の方の記事で、 ”自動思考”について書きました。 「ある事に対して、頭の中に自動で浮かんでくる思考・イメージ」 の事でしたね。 この自動思考は、 ・すごく偏った考え ・ぜんぜん理屈に合ってない考え であることが多いです・・・

10:日記を書いて自動思考を捕まえよう!!

前の記事で、 「自動思考に気づけるようになりましょう」 と書きました。 自動思考でネガティブになった時、 自動思考ではない現実的で柔軟な考えを見つけられれば、 ネガティブな気持ちを和らげたり軽くしたりできます。 そこで、・・・

このページの先頭へ